最先端 希少作★十一代三輪休雪【三輪壽雪】白萩《鬼萩》茶碗★二重箱・人間国宝 工芸品

¥941,990

(税込) 送料込み

最終更新 2024-06-19 UTC

商品の説明

 
				            希少作★十一代三輪休雪【三輪壽雪】白萩《鬼萩》茶碗★二重箱・人間国宝希少作★十一代三輪休雪【三輪壽雪】白萩《鬼萩》茶碗★二重箱・人間国宝希少作★十一代三輪休雪【三輪壽雪】白萩《鬼萩》茶碗★二重箱・人間国宝希少作★十一代三輪休雪【三輪壽雪】白萩《鬼萩》茶碗★二重箱・人間国宝希少作★十一代三輪休雪【三輪壽雪】白萩《鬼萩》茶碗★二重箱・人間国宝希少作★十一代三輪休雪【三輪壽雪】白萩《鬼萩》茶碗★二重箱・人間国宝希少作★十一代三輪休雪【三輪壽雪】白萩《鬼萩》茶碗★二重箱・人間国宝希少作★十一代三輪休雪【三輪壽雪】白萩《鬼萩》茶碗★二重箱・人間国宝希少作★十一代三輪休雪【三輪壽雪】白萩《鬼萩》茶碗★二重箱・人間国宝希少作★十一代三輪休雪【三輪壽雪】白萩《鬼萩》茶碗★二重箱・人間国宝
川喜田半泥子に師事し、萩焼の伝統を継ぎながらも独特な感覚による作陶を為し、因習的な茶陶の作風に新たな展開を示す。\ 長石が原料の釉薬を用いる伝統 的な萩焼に加え、休雪が大成した純白の藁灰釉による「休雪白」の作品を発表しているが、特に後者は豪快かつ大胆な意匠と融合し大きな特色となっている。\ \ この作品も休雪白・鬼萩・割高台等、素晴らしい国宝級といえる茶碗になります。\ \ 大体の大きさは\ 径:約11,5~13,5cm\ 高さ:約9,5cm 程度になります。\ \ 【陶歴】\ 1910年 山口県萩市椿東無田ヶ原に三輪窯九代雪堂の三男として生まれる(本名 節夫)\ 1941年 三重県津市千歳山窯で川喜田半泥子に師事    \ 1955年 この年陶号を「休」と称し、対外出品活動を始め、9月通産省「全日本産業工業展」に入選し、選抜されてアメリカへ出陳される\ 1957年 第四回「日本伝統工芸展」初入選(以後第20回まで連続)\ 1960年 日本工芸会正会員となる\ 1967年 十代休雪隠居して休和と号し、十一代休雪を襲名する\ 1972年 日本工芸会理事となる\ 1976年 紫綬褒章受章\ 1979年 山口県立美術館顧問\ 1982年 勲四等瑞宝章受章\ 1983年 重要無形文化財(萩焼)保持者(人間国宝)に認定される\ 1990年 勲四等旭日小綬章受賞\ 2002年 萩市名誉市民に推挙される\ 2003年 壽雪と改名し、長男龍作が十二代休雪を襲名する\ 2004年 日本陶磁協会制定五十年記念賞受賞\ 2006年 「萩焼の造形美 人間国宝 三輪壽雪の世界展」(東京国立近代美術館工芸館、山口県立萩美術館・ 浦上記念館などを2007年にかけて巡回)
カテゴリー:ホビー・楽器・アート>>>茶道具>>>茶碗
商品の状態:新品、未使用
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:らくらくメルカリ便
発送元の地域:兵庫県
発送までの日数:2~3日で発送

商品の情報

カテゴリー
16代永樂善五郎(即全)造『飴釉手付花入』(共箱)千家十職

16代永樂善五郎(即全)造『飴釉手付花入』(共箱)千家十職

亀文堂・鉄瓶

亀文堂・鉄瓶

今右衛門 鍋島

今右衛門 鍋島

【極美品】希少 本歌 紅安南 16世紀 五彩唐草文茶碗 色絵 茶道具仕立て

【極美品】希少 本歌 紅安南 16世紀 五彩唐草文茶碗 色絵 茶道具仕立て

明治時代後期~昭和前半期頃横幅66センチ阿波淡路國旧家蔵出黒柿細工古民具当時物

明治時代後期~昭和前半期頃横幅66センチ阿波淡路國旧家蔵出黒柿細工古民具当時物

この商品を見ている人におすすめ